博多 もつ鍋

0.0 0.00件の口コミがあります

もつ鍋発祥の地、博多

博多 もつ鍋写真1 博多で、第二次世界大戦後にもつ肉とニラをアルミ鍋で醤油味に炊いたものがもつ鍋のルーツ。

ごま油で唐辛子を炒めてもつを入れてから味付け用調味料とネギ類を入れ、すき焼き風に食べられていたのが発端で「ホルモン鍋」とも呼ばれたり。

近年では、鰹や昆布などでとったダシに醤油や味噌で味つけ、その中に下処理したもつと大量のニラ・キャベツともつの臭みを消すためのニンニクのほか、好みで唐辛子(鷹の爪)を咥えて、これを火にかけて煮込んで頂く。

もつと野菜を食べた後、残った汁にちゃんぽんの麺を入れて「締め」とか・・・。
精肉系

B級グルメ

あなたもPRしてみませんか?


ユーザー登録していない方はこちらからお願いします。

新規登録

お気に入り